妊活開始と同時にお酒を一旦やめてみる!

妊活とは、赤ちゃんを授かりたい人が妊娠に向けて活動する、字の通りのことなのですが、人それぞれ色々な切り出し口があると思います。

 

私の場合は妊娠を目指してまずは「お酒をちょっとやめてみようか」と思い、そんなにいつも飲んでいたわけではなかったのですが、その時からお酒をしばらく断つ決断をしました。飲酒はお腹の赤ちゃんにはいい影響はありません

 

しばらくの妊活期間、その後の授乳期間に向けてまずはそこから体を変えていこうと思いました。

 

細かく言うと・・・お酒をやめて体質改善!

お酒を飲むことで体内のアルコールが染みついた状態のまま妊娠してしまったら・・・それはお酒をやめてからの妊娠とは言い切れないように思いました。まずは妊娠に向けての性交渉を始める前に数週間、体内からの「酒抜き」作業に入りました

 

それによって妊娠した時の体質にプラスの異変が少しでもあればありがたいな、と思ってそれを信じて飲みの席でもソフトドリンクに徹し、妊活の本格開始直前までいい体内環境を作るべくアルコール摂取をやめ、なるべくお水やお茶を飲むようにして妊活に向けて頑張りました。

 

結果、無事に元気な子供を授かりました!

私の場合妊活期間は長くなく、またちょうど婦人科検診に行ったときに偶然「排卵期間中」と言うことを教えてもらえた為、そのチャンスを使ってすぐに妊活のための性交渉に入りました。その時ですでに数週間の断酒をしていたので自分の中でも納得がいく時期でもありました。結果、その排卵期間とぴったりのタイミングで妊娠が分かり、妊活はすぐ終了しました。

 

妊娠期間中も順調で、その後予定帝王切開だったにも関わらず、とても大きな元気で健康な男の子が生まれました。その子も今ではもう2歳です。頑張った分だけ、子供はとてもかわいいものです!

 

毎朝の起床時間を決めて朝型のライフスタイルへ!